メールのテクニックを磨きたい

メールのテクニックを磨きたい

前回、常連客のTさんと電話をしたら、残念な結果に終わったももこです。

私も相手も、メールレディで電話をするのが初めてだったので、緊張して沈黙時間が続いてしまったのかもしれません。

かなり気まずい思いをしたので、その後も何てメールをしたらいいのか分かりませんでした。

しかし意外にも、Tさんからのメールはすぐにきて
「この前は話せて良かった、声も可愛かったよ」っていう内容が届いたんです。

もしかすると、Tさんにとっては電話での沈黙は日常茶飯事なのかも…。

なんだかもう、しばらくは電話をしたくないなと思ってしまった私。

一旦はメールを極めて稼ぐのに専念します。

まあ電話した方が稼ぎやすいんですけどね。

だってメールは1通当たり36円なのに対して、電話だと毎分85円なんですよ。しかも、メールのやり取りと違って、電話は途切れないじゃないですか。

もし30分間電話したら
30(分)✕85(円)=2,550円ですよ。
30分だけで、私の1ヶ月目のお給料にちかい金額が稼げるんです。

かな~りいいですよね。

まあでも、沈黙時間が続くと本当に辛いので、メールして数で勝負します。

数で勝負するには、やっぱり返信率を上げるしかないんですよね。

今まで私がやってきたのは、プロフィールの編集とブログの更新でした。

それから最初に比べると、かなり返信率は上がってきてはいます。

しかしなかなか、メールラリーが続かないんですよね。自分なりに工夫しているつもりなんですけど、私以外にも女性会員はいるのでそちらに取られちゃってるんでしょうか。

そこでですね、自分なりにメールのテクニック向上を目指して見ようかと思っています。

いろいろ試してみて、いいなと思う方法があれば続ければ良いですしね。

最初に試したのは、「親近感を感じてもらおう」という作戦です。
その方法は、男性が送ってきた顔文字や語尾を真似っこします^^

もし「こんにちは!」とビックリマークをつける人なら、「はじめまして!」とこちらも!を使います。

また短文で返す男性にはこちらも短めに、長文でくるなら長めの文章で対応。

同じような表現を使えば、「俺のメールに書き方とい同じだな」「この子気が合うな」と感じてくれるかなって思ったわけです。

そして次にやってみたのは、営業メールの内容を工夫するというもの。

一斉送信していたので、勘が鋭い男性なら「みんなに同じ内容を送っているな」と気付くはずなんですよね。まあそこは、自分でも前から良くないなとは思っていました。

ただいっぺんに200人に遅れるから、一斉送信が楽なんですよね~^^;

まあでも、そうも言ってられません。

私が工夫したのは、メール文に男性の名前を入れるというもの。
「〇〇さん、初めまして^^」
と〇〇という名前のところだけ変えるんですよね。

少しでも工夫すれば、特別感がでるかなと思いました。

あとはメールの使いまわしだと思われないように、毎日送るメールの内容を少し変えてみるようにしたんです。

送る時間によっても内容を変えて、朝なら「おはようございます」とか夜なら「お仕事お疲れさまでした」とかって書いて、今考えた内容だよっていうのをアピールします。

最後に、返信が返ってきたらその内容をメモることにしました。

いろんな男性とメールをしていると、誰と何の会話をしたのか分からなくなってきます。

そのため、いつも当たり障りのない会話になっていたんです。会話を覚えていなかったら気分を害してしまうかなと思って、いつも新しい話題ばかりしました。

しかし、それじゃあ会話のネタも尽きるし盛り上がりに欠けます。

どの男性とどんな会話をしたのかメモしておけば、次にメールを送るときでも、「〇〇さんとこの前話した本読んでみたんですよ」とか「〇〇さんが好きそうな料理を作ってみました(写メ付き)」と話の続きができます。

男性側も「覚えてくれていたんだ」と喜んでくれるので、嬉しいです^^

また覚えやすいように、メモ機能には
・男性の呼び名
・誕生日
・職業
なども書いています。

ふとしたときの会話のネタになるので、ちょっとした情報でも書いておくようにしています。

例えばこんなことがありました。
男性「今日の夕飯は外で食べてくる~」
私「いいですね~^^何を食べるんですか~」
男性「ん~和食の気分だな~」

このような会話をしたとき、私はメモ機能に内容を記しておきました。

そして後日その男性にメールをするとき、
私「 私も今日の夕食は和食を食べてきました^^〇〇さんは夕ご飯済ませましたか?」
男性「そういえばそんな話したね(笑)今日も和食だよ」
私「しましたよ~^^〇〇さんとの話を忘れるわけないじゃないですか><」
男性「なんか地味に嬉しい」

なんて、やり取りがあったんです。
話した内容を覚えているだけで、意外と喜んでもらえるんだな気付きました。

メールテクを地道に磨いて、常連さんを増やしていきたいです^^